パパカルドについて

会津のイタリアンレストラン パパカルドのご紹介

シェフのご挨拶

師匠の片岡護氏と
師匠の片岡護氏(左)とシェフ矢口

銀座モランディや、片岡護氏のもと西麻布・アルポルトと南麻布マリーエで、東京・イタリアで修行を積み重ね、料理についてはもちろん、ワインの気品や気質を学びました。

1998年6月に会津若松市滝沢に店を開いた後、2007年5月、同市内にある「大正浪漫あふれる幸せ回廊」七日町通りにリニューアルオープンし、現在に至ります。

店名の“パパカルド”とはイタリア語で、papa´ = 父 + caldo = 温かさ という意味で、シェフの心のこもった温かい料理とおもてなしで、心も体もあたたまるお店をという思いでこの名前をつけました。

豊かな自然に囲まれた会津で野菜や肉など食材の原点を見つめ直すべく、時には直接農家に足を運び自ら野菜を収穫したりしています。この大地の自然とシェフがこれまで培った経験と新たな試みとを合わせて、季節を感じて頂ける料理をご用意致しました。

パパカルド開店以来のこだわり、会津の地の物を使った心温まる“会津イタリアン”をお楽しみください。

オーナーシェフ 矢口 一二三

店内の様子

白を基調とした落ち着いた店内には柔らかな日の光が差し込みます。
写真提供:あいづ食の陣

アクセス

リストランテ パパカルド

〒965-0044 福島県会津若松市七日町2-39
TEL:0242-93-7887
FAX:0242-93-7888
ランチ 11:30~(L.O 13:30)
ディナー 18:00~(L.O 20:00)
定休日:不定休
駐車場:契約駐車場4台
※店舗より七日町駅方面へ20mほど